[4point7.net] サラリーマンのお金の増やし方は工夫が大事

ENTRY

お金の増やし方について知っておくべきこと

[4point7.net] サラリーマンのお金の増やし方は工夫が大事 お金の増やし方といってもどれくらいのリスクが取れるかやどれくらいの時間軸でいくらぐらい必要かによってその方法も異なると言えます。一番手っ取り早いのが自分の時間と労力を使って就労することです。ただ就労はだれでも考える当たり前の事ですから、ここでは投資などお金自身に働いてもらうということで投資というものを念頭におきながら、お金の増やし方について考えてみたいと思います。

では仮に投資するとして、どれくらいの目標がお金を増やす基準として適当でしょうか。これにはいろいろな物差しがあってどれが正解というものはありませんが、一つ例を挙げるとすればそれは物価上昇率が当てはまります。インフレ率とも呼ばれているものです。デフレが終焉し、インフレが起こっている今の日本では銀行の定期預金のレートではとてもインフレ率には及びません。ですから銀行の定期預金では投資には全く成り得ないと言えます。インフレ率以上の利回りで比較的低リスクな投資ということでいえば、日本国内の債券ファンドやETFなど債権ベースの投資ファンドが挙げられます。ただしこれらの商品はいわば低リスク低リターンで将来の老後のために今から準備しておきたいと考えるような方にはパフォーマンスの面で十分とは言えない場合もあります。

そこでこのような方には人口の減少やマーケット縮小などが考えれる日本をベースにした投資よりも、アジアなどの新興国の潜在的な成長性が取り込める外貨建て債券や株式をベースとしたファンドなどのほうがより高い収益性が得られる可能性があります。特に上記のような日本の状況を考えると、自分の資産の一部を日本円以外の外貨で保有することはリスクヘッジとして有効であるとも考えられるのです。いずれにしても、まずは自分がどれくらいの金額をいつぐらいまでを目標に達成したいのかの青写真を描くことから始めましょう。

Pick Up

Copyright (C)2017[4point7.net] サラリーマンのお金の増やし方は工夫が大事.All rights reserved.